うつ病チェックで危険を回避! 【高校生特有のうつ病】

サイトメニュー

若い人でも発症する病気

悩む女性

病院と学校との連携が大切

うつ病は、社会人だけでなく子供でもかかる身近な病気であるため、病気が疑われる場合は専門の病院で適切な治療を受ける必要があります。特に、最近では勉強や部活のストレスが原因でうつ病を発症する高校生も多く、原因不明の体調不良を感じた時は、うつ病チェックを行うことをおすすめします。精神疾患の診断は心療内科や精神科で行うことができますが、心配な人は保護者などにお願いして、電話で問い合わせてから受診すると安心です。その際、睡眠障害や食欲不振の症状、「何となくやる気が起こらない」などの精神面の辛さも伝えておくと良いでしょう。初診では、うつ病チェックの他に、別の精神疾患の診断も同時に行う場合もあるため、カウンセリングや検査等を含めて一万円程の医療費がかかる場合があります。また、高校生の場合は、病気のことを学校へ報告し、休憩を取りながら無理なく通学することをすすめるため、診断書の発行手数料が別途かかる場合があります。初診は比較的、医療費が高くなりますが、二回目以降は数千円程度の診察料と薬代で済むことがほとんどです。高校生と言えど、勉強や友人関係、進路のことで悩み、ストレスを抱えて病気になることもあるので、異常を感じたら専門医にかかることが大切です。最近では、勉強のストレスや友人関係のトラブルが原因で体調を崩し、うつ病を発症する高校生が多く見られるようになってきました。「夜、なかなか寝付けない」や「食事が喉を通らない」、「急に悲しくなったり怒りが込み上げることがある」という人は心療内科等で診てもらうことが大切です。心療内科や精神科では、初診で十分なカウンセリングや様々な検査を通して、ストレスの原因や病気の診断を的確に行い、うつ病チェックをしていきます。その後、症状改善のために必要な抗うつ薬や精神安定薬などを処方してもらい、定期的に通院しながら治療をしていきます。多くの高校生の患者の場合、治療中は学校を休学したり休みながら通学したりして、なるべく精神的に負担のかからないような過ごし方をするのが一般的です。また、部活がストレスの原因となっている患者は部活を休んだり、教室に入れない患者は保健室通学をしたりと、患者一人一人に合わせた対策を取ることが大切です。そのために、うつ病チェックの結果を学校側に提示したり、診断書を提出することが大切で、学校との連携を取りながら治療を進めていくことが重要です。