うつ病チェックで危険を回避! 【高校生特有のうつ病】

サイトメニュー

小さな心の変化にも要注意

カウンセリング

気になったら調べてみよう

現在、うつ病の症状がみられる高校生が増えています。うつ病で特に多くみられるのが、やる気がなくなるという症状です。この症状でポイントなのが、やる気のなさが、生活に支障をきたしているということです。やる気がなく朝起きれない、集中ができない、早く動けないなどといった症状が表れる可能性があります。普段できていたことが、急にできなくなった場合は要注意です。また、その他に、急に感情がなくなり、楽しかったことを楽しめなくなり、無気力になる可能性もあります。いつもと違う状態が数週間続いた場合は、高校生の場合でも、うつ病チェックをしてみましょう。うつ病チェックは、医師の診断とは異なります。そのため、チェックシートで少しでもうつの可能性がある場合は、早いうちに医師に診察してもらうことをお勧めします。うつ病は、男女問わず、年齢問わず誰でもなる可能性があります。うつ病だと診断された場合は、病気だということを理解し、治療に専念することが大切です。また、早めに治療を開始することで、完治することが可能な病気でもあります。うつ病を怖がらず、適切な治療を受けることが大切です。うつ病チェックをし、うつの可能性が低かった場合も、油断をしないことが大切です。うつ病チェックで、少しでも該当する箇所があった場合は、うつ病になる可能性があるということです。そのため、うつ病にならないための対策が必要になります。うつ病の対策としてお勧めなのが、ストレスを発散するということです。現在、ストレスに大きく関わっているのが、睡眠といわれています。寝つきが悪い方や、良質な睡眠ができていない方は、睡眠から見直してみましょう。特に高校生の場合、試験勉強のために、睡眠時間を削っている可能性があります。睡眠を大切にすることで、ストレスが溜まりにくくなり、頭がさえて効率よく勉強することができます。高校生の方も、うつ病対策に睡眠を意識してみましょう。また、適度に運動し、栄養バランスを考えた食事をすることも大切です。その他に、好きなことに没頭したり、緊張などから解放される時間を積極的に作ることも重要です。ストレスを溜めないことを意識し、うつ病対策を高校生のうちから始めましょう。