うつ病チェックで危険を回避! 【高校生特有のうつ病】

サイトメニュー

病院に行ってみましょう

医者と看護師

相談することが大切です

うつ病の患者数は多いと言われていますが、最近では大人だけでなく高校生にもこの病気になる人達が出てきているので注意が必要です。高校時代は心の悩みが出てもよくあることなので病気ではないと思われやすいのですが、調子が悪いときはうつ病かどうかを確かめることが大切です。その場合にはまず抑うつ気分や集中力の減退など、うつ病の症状になっていることが自分の場合にも出ているかということを考えてみると良いでしょう。ただ、高校生の場合は大人のうつ病でよくあるような不眠や食欲低下などが出ないことも多いため、当てはまる症状がそれほどなくてもうつ病ではないと言い切れません。ですから、友人から孤立してしまったり学校に行きたくなくなるなどの辛い気持ちがある場合には、病院に行ってうつ病チェックをしてもらうことをお勧めします。また、そのような場合にはうつ病以外の精神的な病になっている可能性もあるので、その点でも自分一人で解決しようとするのは危険と言えます。そのため、少しでもうつ病の可能性があると思う場合には心の病を扱っている病院に行って、うつ病チェックやその他の診断などを行ってもらうとプラスになるでしょう。高校生のうつ病の場合には、気分がイライラしたり学校に行きたくなくなったりすることがあるので、そんなときはうつ病の可能性を考えてみた方が良いでしょう。そして一人で悩むのではなく、信頼できるような人に相談してみたり友人関係でのストレスを少なくしようとすることも大切です。また、ストレスの原因に目を向けるようにして、それを解決するにはどうすれば良いかということを考えてみることもプラスになるでしょう。ストレスを解消する方法は人によってかなり違う場合が多いのですが、気分がまぎれるので写真を撮ってみたり、走ってみたりすることも効果が出やすいと言えます。それでもどうしたら良いか分からない場合には、精神科や心療内科に行って医師に相談するとうつの予防や治療に関して適切な対応を行ってもらいやすいはずです。さらに病院でのうつ病チェックでうつということになると、薬物療法と精神療法を組み合わせた治療が可能なのでその点でもお勧めできます。なお、高校生がうつになると年齢が上がったときに再発する可能性もあるため、うつ病チェックをしてくれる担当医を作るとその点でも安心感が高まると言えるでしょう。